通る見込みのある
住宅ローン

申請が通る可能性のある住宅ローン

 今は住宅ローンの審査が厳しいそうです。ですから、申し込み可能な住宅ローンが少ないっていう方も少なくないのかもしれません。

申し込み可能な住宅ローンに、とりあえず全て申し込んでおくという方もいるのかもしれませんが、その時には気をつけてほしいことがあります。他の住宅ローンに申し込むと、本審査に合格する前の段階で申し込み記録が残ります。そしてそれを他の金融機関が見ることが出来ますので、他で落ちたから自分の会社へ申し込んだんじゃないのかと誤解される可能性があります。そして、それが審査には不利なんです。

その為、保険として複数の同時申し込みを行っているということを伝えておいた方がいいかもしれません。少なくとも他で落ちたという誤解を受けることはなくなります。

それと、住宅ローンを借りる時に、ついつい借りられる額を計算してしまいがちですが、返せる額を考えることの方が大事です。借りた額に金利がつきますし、今後支出が増えることもあるでしょう。また、今の収入が将来的に確保されるという保証がありません。そういうことを考えて、返せる額を決めて借りる方がいいと思います。借りられる額で借りてしまうと、後々の返済に困ることもあると思います。

 


Copyright (C)住宅ローン保証人審査の特徴 All Rights Reserved