住宅ローンの
保証人に
なる

住宅ローンの保証人には一定の条件

住宅ローンの保証人の審査について少し記してみようかなって思います。ローンの保証人の審査というのは、基本的にはローンを申し込んだ人と同程度のものになると考えられています。これは当然と言えば当然かもしれません。借りた人が返せなくなった場合、弁済するということになるわけですから、それが出来ないような経済状況では保証人になるのは難しいかもしれません。

ちなみに、保証人になる時に過去の借り入れを気にされる方がいますが、借り入れそのものはそれほど問題ないと思います。問題になるのは、その借金をちゃんと返済したのかっていうことです。普通に返済していると問題ないと思いますが、延滞履歴などがあると審査の時に不利になるらしいです。

また、保証人になる時に借金があるというのも不利になると思います。ですから、借金があるのなら完済してからの方がいいかもしれません。尚、今は保証人を必要としない住宅ローンもありますし、保証が必要な時には保証会社に依頼するというのが一般的です。その方が確実です。金融機関も個人の場合、保証人が弁済してくれるのかっていう心配が残りますが、保証会社であるなら弁済されないという心配がありません。しかし、保証会社の審査が住宅ローンにプラスされるので厳しくなるかもしれないです。


Copyright (C)住宅ローン保証人審査の特徴 All Rights Reserved