住宅ローン
保証人
の義務

住宅ローンには保証人が必要

住宅ローン保証人審査というものが厳しいのか。

それを気にする人も結構いるのかもしれません。

保証人は融資申込者が返済出来なくなった場合に弁済する義務があるので、無職の人はなれません。

融資申込者が借りた額を返せるというくらいの状況が必要です。

一括で返す必要はないので、月々払い続けて完済出来る程度ということになります。

しかし、今では保証人というのは保証会社に依頼するのが一般的だと思うので、個人がなるのは少なくなっているんじゃないでしょうか。

もちろん、個人が保証人になることも出来るんです。

でも、保証人を引き受けてくれる人が見つからないって人も多いでしょうし、本当に大変なことなので保証会社が請け負うというのが普通になってきていると思います。

尚、今は金融機関によって保証人を必要としない商品を扱っているところもあるので、そういうところを選ぶというのも方法かもしれません。

ちなみに、住宅ローン保証人審査を受ける場合、借り入れの延滞履歴があると厳しくなるかもしれません。

借り入れしていること自体はそれほど問題ではないらしいです。

ただ、その返済を過去に延滞していて、その履歴がまだ残っている場合はちょっと審査に不利になるそうです。

住宅ローン保証人審査についてもう少し。

住宅ローンの保証人審査というのは融資申込者と同等のレベルだと聞いたことがあります。

確かに弁済する義務が発生するわけですから、無職ではなれないし、融資申込者が借りた額を返していけるくらいの状況でないといけないっていうのも当然です。

ですから、融資申込者よりも甘い審査になるという期待はしない方が無難かもしれません。

ちなみに、今は個人が保証人になるというのは少なくなっている気がします。

保証会社が保証人になってくれるっていうのが一般的なので、個人の保証人を探す必要はないと思います。

尚、念の為に記しておきますが、融資申込者が返済出来なくなった場合、保証会社が弁済してくれますけども、これは借金がなくなるということではありません。

支払う相手が金融機関から保証会社へ移っただけのことです。

保証会社が弁済してくれることで、借金がなくなったと誤解される方もいるそうなのですが、そんなことありませんので気をつけてほしいです。

その後は保証会社に対して返済していく義務があります。

余談ですが、今では住宅ローンに保証会社を必要としないものもありますので、そういう商品を探すのもいいかもしれません。

審査に落ちた?住宅ローン審査に通りたい方へ

将来、新しい家を購入して両親と同居を考えている方に知らないと損をするかもしれない住宅ローン審査通りやすい金融機関のご紹介です。

普通は、借入れをする方の年齢が決まっている場合が多く老齢になるとどうしても難しい場合が殆どです。

ですが親子リレー返済という後継者がいる方の申請であれば、高齢の方でも申請可能になり、希望も見えてくるでしょう。

仕組みとしては、借りた二人が同時に返済するのではなく借りた親が先に返済し、残りを子供が受け継いでいく為です。

このような理由で高齢者の方でも借入れ可能なのです。

このような住宅ローンの形もあるのだと知識として知っておくこともいいかもしれません。

念願のマイホームを決めて、いざ住宅ローンを組もうとしたけど残念ながら本審査で落ちたという方はいませんか。

どうしても理由が分らないのなら確認しましょう。

貴方の年収が400万円以下だと厳しいかもしれません。

他にも勤続年数が3年未満の方や、健康状態も判断されます。

今までに納金出来なかったデータが残っている方は、住宅ローン審査通りやすい金融機関においても審査落ちになってしまう可能性がとても高いです。

もし以上の点に心当たりのない方は、年金や携帯料金の支払いも支払いがしっかり済んでいるか確認してみましょう。

何事もなく借入れをするためにきちんと調べておきましょう。

長期固定金利でも低金利だし審査も通りやすいと人気なのがフラット35です。

住宅ローンを借りるために勉強している方なら1度は耳にしたこともあるはずの名前だと思います。

世の中の経済状況に左右されることなく、ずっと金利が変わらない。

という点は住宅ローンを組む上でとてもメリットが大きいですよね。

そんなフラット35の審査基準は、変わっているとはいえ、審査通りやすいかどうかはやはり年収を含めた支払い能力や信用問題は重点的にチェックされます。

一般的なローン同様、重要視されます。

それに加え、一般的な住宅ローンとなんら変わりありません。

これは、価値がある住宅ですと審査通ることが多い、つまり通りやすいし、これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35なら審査が通った。

という方も多いです。

これから住宅ローンを借りたいと考えている方は、確認しておくと安心なポイントをご紹介します。

これまで経験した事のない高額な買い物になる事間違いなしです。

「利息が安くなりそう!」と早合点して決めてしまわないで下さい!総合でいくら返済すべきかこれを確認する事をおすすめします。

どれほど安い金利であっても他の諸費用がたくさん昼用になってしまうと、つまるところ、実際返済額が増えてしまう場合があるからです。

それから変動金利や固定金利のそれぞれの特徴も合わせて、長い目で考えてどれが一番良い選択かを見極めましょう。

住宅ローン審査に通らないとお金は借りれませんので、審査通りやすい所など探してみるのもいいですね。

参考:住宅ローン審査に通らない人とは?借りられない理由【審査甘い銀行は?】

迷ったら利用者の口コミなども参考にしてみると良いですね。

建売住宅の購入を考えていらっしゃる方も多いはず。

購入に当たり金利や条件等のほか審査通りやすいとか繰り上げ返済できるなどの条件が整った住宅ローンを組まなくてはいけません。

住宅ローンは銀行のほかネット銀行や信用金庫、住宅金融専門会社などからも申し込みが出来ます。

住宅ローンを組む際には金利・手数料・諸費用がかかります。

審査は、たいてい1週間前後で落ちたかどうかが解ります。

金利の決定はローンが実行されるときの金利になります。

諸費用には印紙代金や手数料など色々な物が含まれ、人それぞれですが数十万円は必要。

早く自分の家が欲しい!と思っても自分の物になるまでこれらの内容を1つ1つチェックしていかないといけません。

契約終了には約3.4カ月かかる事が多いです。

妻にせがまれてマイホームの検討を始めた際、ほとんどの人が住まいの融資をあてにすると思います。

銀行や信用金庫などから申し込みができるのでどうせなら住宅ローン審査通りやすいところで評判が良い所を選びたいですよね。

その時参考になるのが、インターネットの口コミサイトです。

サイトには資金調達の事だけでなくお客様に対する接客態度やお店が感じ良いかどうかまで細かい所まで観察し、自分が思った事とその良さを星の数で示している場合もあるのでより良い契約にしたいと思っている方にとって参考になると思います。

住宅ローンは、自宅を購入する際に必要なもの。

住宅ローンの申し込みは、銀行等で受け付けています。

申請する際には、銀行側から提示される様々な資料を用意することになります!35年という長い期間、多額の現金を貸す訳なので銀行側は、あなたの年収を中心として審査をします。

以上の事から、住宅ローンは審査通りやすく申し込めば確実に通る。

という風な単純なものではありません。

「通らなかった」「落ちた」・・という方もたくさんいらっしゃいます。

要となる基準としては勤続年数3年以上、年収300万以上が一つの審査の基準となるラインと言われています。

住宅ローンを組む際、頭金のことをちゃんと考えていますか?頭金0円で住宅を購入出来る!という広告もありますが、頭金がなくても確かに購入は可能でしょう。

ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が多くなってしまうんですよね。

更に審査もきびしくなります。

月々の返済を少しでも少なくしたいのであれば、やはり最初に頭金を少しでも支払うと審査も通りやすいし良いと思います。

頭金の目安として物件価格の20%と言われていますが、住宅購入には他にも色々な費用がかかりますので必ず20%と言う訳でなく、支払える範囲で検討すると良いと思います。

住宅ローンを組むには、銀行や信用金庫で審査を受けなければいけません。

住宅ローンは最長35年という長い月日の返済になりますので、審査は大変厳しく厳重に行われます。

審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。

通るか落ちたか等、結果は電話か口頭で伝えられます。

審査が通りやすい銀行もありますが残念ながら住宅ローン審査が通らないと、お金を借りることはできません。

審査に通ると、本契約に移ることができます。

契約時は銀行から指示された必要書類を全部揃える他実印と諸費用も用意しておきます。

さあその諸費用はいくらか気になりますよね?実は諸費用というのは借りる額によって金額が変わるので、事前に銀行側から指示がされます。

たいていの場合、数十万〜数百万単位の金額が指示される様です。

思い悩んでやっとマイホームを購入したと思ったらその直後、働けないほどの病気にかかってしまったらどうすべきでしょうか。

通常は、ローンを組めば自動的に団体信用生命保険に申し込むので借り手が亡くなると代償が支払われるようになっています。

契約した内容に個別でガン保険が組み込まれている保険もあれば、そうでないものもあるため、必ず確認が必要です。

またガンだと診断された時点で支払いが始まるものと、期限や条件付きで保証金が出る場合があります。

ひと月で考えると保証内容に比べて金額も安いので、住宅ローン審査通りやすい銀行に飛びつくことなく、万が一に備えて、検討しておく事をお勧めします。

近年、様々な特典のある住宅ローンが紹介されており人気の銀行はどこなのかを知らない為に、住宅ローン審査通りやすいしお得でイチオシはこれだ!と自信を持って言えないというのが現状です。

ただ第三者である銀行の担当者の意見を聞いてから、借入れをするという方法も一つですがお金がかかります。

利息の代金も完済するまでは払わないといけないので、わざわざ有料で相談したくないという方が多いです。

中には仲介になってくれる方がFPの資格を持っている事もあり、プロの意見を無料で聞く事が出来るというのは魅力ですよ。

後悔しないためにも、いくつか調べておくと良いですね。

たとえ住宅ローン審査通りやすい銀行でやっとの思いで審査に通って新居で生活していても、アクシデントがあることも。

例えば半分も住宅ローンを返せていない中で離婚する夫婦は、どちらが残りの返済をするようになるのでしょうか。

とりわけ未成年の子供がいる家庭はローン以外にも、別れた後でも養育費を払う責任があります。

まず、名義人や連帯保証人などの契約内容を調べ後で問題が起こらないよう夫婦でしっかり話し合いをしましょう。

少しでも負担を減らすために家を売る方法もありますが、売る価格よりもローンの方が上回ってしまうと、夫もしくは妻がその残高を支払う責任があります。

こうした場合もなきにしもあらず・・・そのような点も考慮して検討してみてはいかがでしょうか。

『小さくてもいいから自分の家がほしい!!』と思う方は多いと思います。

とはいえ、家は高額な買い物です。

『キャッシュですぐに支払いできます!』という感じは、一般市民にはなかなかできません。

では、住宅ローンを組むとき、どこから借金をするのか?様々な方法がありますが、一番良いのは銀行や信用金庫が良いでしょう。

もちろん審査はあります。

厳しい銀行もあれば通りやすい銀行もあるでしょう。

どこの銀行から借り入れようか?選択しても良いのですが不動産屋と提携している銀行もありますので、不動産屋の担当者の人に託しても良いでしょう。

念願のマイホームの購入をしたいが、高くて買えないそういう時は住宅ローンを中古の物件で検討しましょう。

しかし、住宅についてお調べになっている人はご存知かと思いますが、絶対押さえておくべき注意点もございます。

その一つが新築物件よりも、返済期間が短くなってしまう点です。

理由として、年数が経過しているために安全性が問われ物件を扱う会社も早めの返済を求めてくるのです。

良い面だけでなく、合わせてデメリットも把握しておかないと反対に一月に支払わなければならない金額が高い場合もあります。

住宅ローン審査通りやすい金融機関で契約できたとしても更に改装して綺麗にしたいという場合には、そのお金も合わせてどれ位の費用がかかるのか計算しておきましょう。

一生の中で最も高い買い物とも言える住宅ローンだからこそ、気r煮が少しでもやすい銀行で申請したいと思うでしょう。

なので、この場を借りて安価で口コミでも評判の知らないと損するかもしれない、そんな住宅ローン審査通りやすいような銀行を案内致します。

まずはネットでも好評のイオン銀行から見ていきましょう。

こちらは、圧倒的な金利の安さで注目を集めており、それに住宅ローン契約をしている方の特典としてイオンででのお買い物が割引となるサービスを受けることができます。

また繰り上げ返済時の手数料も無料なのも、人気の秘訣です。

金利以外のサービスもしっかり調べておきましょう。


Copyright (C)住宅ローン保証人審査の特徴 All Rights Reserved 

関連リンク:住宅ローン関連ニュース